人工物工学研究センター 社会連携講座

サスティナブルな ヒューマンセントリック
次世代ものづくり

Sustainable Human Centric Next Generation Manufacturing

SCROLL DOWN

outline概要

産学連携で挑む
ものづくり イノベーション

本講座では、すべての人がいつまでもいきいきと働けるものづくり現場の実現に向けて、人の知を高度にデジタル化した、次世代の新たな産業基盤となる情報システムプラットフォームの構築を目指します。トヨタ自動車(株)との連携により、持続可能で人中心型の次世代ものづくりのコア技術を創出し、その担い手となる人材の育成にも取り組みます。


ものづくり現場における 人の情報のデジタル化

作業する人の知識・技術・技能を抽出、視える化し、そのデジタル化に取り組みます。脳・身体・心の理解に基づいた、フィジカルやメンタルのデジタル化も推進し、ものづくりへの活用を図ります。

持続的な競争力の源となる 人の力の最大化

最適な意思決定を支援する価値創造アーキテクチャによって、人の力(情報)を最大化する仕組みを構築し、持続的な現場力の維持・向上を目指します。

次世代ものづくりを担う 人材の育成

現場のニーズに即した問題解決型教育プログラムを産学連携で設計・実施し、サスティナブルでヒューマンセントリックな次世代ものづくりに資する人材を育成します。


research研究


membersメンバー

協力教員

客員研究員


newsお知らせ